「5分で生けてコンデジで撮る。」
「光と影。その瞬間を見逃すな。」
そんなキャッチコピーに惹かれた写真集「MOMENT OF TRUTH」読者のみなさまから、「どうやったらそんなにきれいに撮れるんですか?」という質問が多数寄せられ、TOKYODAYS事務局がワークショップを開催しました。

2015年5月9日(日曜日)。
ゴールデンウィーク明けの最初のの週末、代々木上原にあるギャラリー「ケース」で開催。
お花は太田市場から直接買取り、花器は小川さんが持参。
メンバーはご自慢のカメラと三脚を持ち込んで参加。

最初に、光を見るのと同様に、花のことをよく見るようにというアドバイス。
好きな花を選んで、花器に生けて、まずは花の観察。
それから、まどの外から室内に入り込んでくる外光の光の観察。
半逆光、サイド光などの解説のあと、いよいよ撮影会です。

小川さんからの光の見方などのガイダンスを受けてから、半日に渡るワークショップで、みなさんの写真の腕前は、ずいぶんと上達しました。
7月2日から開催される「花の写真FBグループ展」に向けて、出展作品の追い込み撮影がみなさん加速することでしょう。