ジミー桜井さんのトークライブ@広尾アカデミー。

広尾アカデミーのトークライブ。
今回はジミーペイジ公認のレッド・ツェッペリンのトリビュートバンド「レッドツェッパゲイン」のギタリストとして活躍するジミー桜井さん。
インターFM、レイジーサンデーのナビゲーター、ジョージ・カックルと小川義文の3人で、ロックを語りました。

ジミー桜井さんは本家のギタリスト、ジミー・ペイジ氏が公認しているトリビュート・バンド、Led Zepagainのギタリスト。
2013年、東京で行われた桜井さんのライブになんとジミー・ペイジ氏本人が来演。2時間のライブを最後まで見た上で、スタンディングオベーションで「Bravo!」と絶賛したことが話題になったそうです。
トリビュート・バンドとコピー・バンドの違い、「いろもの」から「尊敬を集める存在」に高めていくのが桜井さんの夢であり目指すところだそうです。
桜井さんを交えての懇親会では「左手人差し指の第一関節の曲げ方がジミー・ページにそっくりですね」といった感想とか、「最もコスパの高いレスポールの入手の仕方は?」という質問に、桜井さんが「2010年までに製造されたレスポールの中古を30万で購入して完全に分解、ピックアップ等主要部品を〇〇製に交換すれば素晴らしい音になる」といったやりとりなど、マニアならではの話題で盛り上がりました。ライブでは聞くことのできない、貴重な一夜でした。

◎こちらはアコースティックによる「天国への階段」

DSCF8196
DSCF8172
DSCF8208
DSCF8190